このページの目次を開く

このページの目次

  1. 実際の体験談をご紹介
  2. 借金の悩みを解決するなら
  3. よくある質問

実際の体験談をご紹介

甘い話にまんまと乗せられ抱えた借金300万。(男性/30代)

男性/30代

うまい儲け話があるんだけどやらないか?と、詐欺会社にお金を振り込んで数時間後、
詐欺会社とは連絡がとれなくなりました。

弁護士など消費者センター、警察に問い合わせても進展はなく、1日で借金300万を抱えることに。

心を入れ替えて借金を返すために必死で働き、給料から地道に支払いをしていたのですが、
ある日大きな事故を起こしてしまい、当面働くことができなくなりました。

仕方なく、またお金を消費者金融から借りて生活することにしたのですが、
減らした借金は上限額一杯にまで到達、働ける見通しはまだありません。

売れるものは全て売り払っても来月の返済もできない状態になって、自殺も考えましたが、
家族に借金が飛び火する事を考えたら死ぬことはできませんでした。

家族に借金をしてしまったことを知られたくない

家族にバレずに借金を返す方法はないかと探していると、借金を緩和する方法があることをサイト上で偶然知りました。
すぐに連絡を入れて法律事務所に相談に行きました。

その結果、月々の返済額は2万円ほど減って、日々の生活も安定を取り戻していきました

あの時の苦しみは二度と経験したくありません。

匿名かつ無料で借金返済の相談ができるサービスはこちら

事業の失敗で借金800万、返済できずに首を吊ろうとした。(男性/40代)

男性/40代

事業の立ち上げ、運営、そして失敗によって私には借金が800万ありました。

借金返済のために必死になって働き返済をしていたのですが、働けど働けど借金は減りません。
働いて得たお金を借金にあてがって、自分で使えるお金はほとんどありません。

毎月こんなになって働いているのに…自分はなんのために生きてるんだろう?

全てが嫌になって、携帯から首吊りの方法や楽になれる方法を探していたら、
画面下にでてくる広告に「借金が0に?相談無料!」といった広告があって、それを押したのがキッカケです。

自分の借金を入力してメールを送るとすぐに電話がきました。

事情を説明して次の日に事務所に行きました。

私には個人再生といったものが適用できるらしく、弁護士と相談して言われた通りに事を進めていきましたが、
やはり800万の借金を減らすことは簡単なものではなく、とても苦労しました。

そして、その苦労の末ですが800万の借金を100万にまで減らし、毎月3万円程の返済で済むようになったのです。

これを知らされた時は両手を上に上げて喜びました。

毎月の支払いが3万円になって生活は本当に楽になり
借金での苦しみが消えたからかとても明るい性格になれました。

貯金0!突然のリストラで毎月18万の支払いが不可能に。(女性/30代)

女性/30代

友達からの紹介で、キャッシングカードを作ることで1万円貰えるというので1万円欲しさにカードを作りました。

カードでお金を引き出し、ほしいものを買って贅沢三昧をしていました。

いくつかの業者からお金を借りていたのかも分からず、
借金が300万を超えて、ある日私は会社からクビを宣告されました。

私は一度も支払いを滞納したことがなかったので、
新しい就職先が見つかる繋ぎとして新たに別の業者から50万円借金しました。

しかし、給料の手取りが前より少なく、返済金額と家賃に満たない。
住民税も払えず、区の封筒や手紙なども放置していました。

そんなある日、給料日にお金を下ろそうとするとカードが返却されてしまいました。

ATMが壊れていると係の人に聞くと、住民税の未納により口座を凍結されたそうです。
次の日、大慌てで市役所に行き、頭を下げて凍結をどうにかしてもらえないかと相談し、現状の借金を話しました。

最初は怒っていた公務員の方も不憫に思ったのか、法律事務所を紹介してくれました。

早速、その事務所に出向いて任意整理の手続きをしました。
おかげで金利は見事0になり、過払い金が60万円ほど返ってきました

月々の返済額は大幅にカットできて、生活水準がようやく人並みになってきて今は幸せです。

借金の悩みを解決するなら

街角相談所-法律-

街角相談所-法律-
  • 簡単な質問に答えると、どれだけ借金が減るかそして戻るかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので効率がいい

よくある質問

家族や親に知られたくないのですが、誰にもバレずに借金を減らすことは可能でしょうか?

家族に対して知られたくないという場合、任意整理、個人再生なら家族に知られることなく進めることが可能です。

任意整理の場合ですと後日弁護士からの封筒が送られてきますが、カモフラージュされた封筒で自宅に届くため、
中身を確認されない限りは任意整理が見つかることはありません。

個人再生だと弁護士に依頼して、やり直すための手続きを行います。

手続きに必要な裁判所からの郵便物は弁護士宛に送られるので、家族にバレるといった心配はありません。

債務整理の種類がいくつかあるみたいですが、どこがどう違うのですか?

債務整理には3種類の方法があり、任意整理、個人再生、自己破産がございます。

任意整理とは、借金の金利を債権者に交渉し、毎月の返済金額を減額する方法です。
個人再生は、現在の借金に対して返済が難しいという事実を裁判所に申告し、借金の元金を減らす方法です。

ただし、減額された借金は3年~5年に必ず返済しなければなりません。

この際一度でも返済が遅れると債権者側からは一括で支払いを請求できる権利をもっています。

支払いの遅延は絶対にしてはいけません。
自己破産は自分自身の財産がなく、支払い能力がないことを裁判所に認めてもらうことによって借金の支払いが免除されます。

ただし、自己破産をするには自身の財産は没収されます。(持ち家、車、20万円を超える家電、楽器、娯楽品など)

生活に必要な家電などは取り残されますが、必要のないものは全て没収されてしまいます。
例えばエアコンが2台ある場合、高価なものは没収されてしまいます。

任意整理にかかる時間と費用はどの程度ですか?

任意整理は1番活用される債務整理の1つです。

任意整理は裁判所など通さず、債務者と債権者との和解した上での返済を行う債務整理です。
そのため早ければ当日、遅くとも数日以内に着手までの手続きは完了します。

債務整理にかかる費用はおおよそ一社につき4万円程度が相場となりますが、
支払いが難しい場合は毎月の返済に対して分割でお支払頂くことも可能です。

300万の返済が残っているのですが、返済額を減らすことや元金である借金をチャラにすることはできますか?

300万円の借金で元金が300万円以上の場合、個人再生をすることで元金を減らせます。

そして、自己破産の場合は借金を0にすることが可能です。
任意整理の場合ですと金利分をなくすことは可能ですが、元金を減らすことはできません。

300万円の借金がある場合、300万円分返済しなければなりません。

ただし、任意整理を申し立てした時に、過払い金という過去に払いすぎた利息が返金される可能性があります。
2010年以前に借金をしているのであれば、300万円の借金が大きく減らせる可能性があります。

任意整理でなく借金をチャラにしたいのですが、自己破産などは可能でしょうか?

借金の支払い能力は人それぞれ大きく違いますので、300万円で自己破産をされた方もいれば、数億円の借金を返済した方もいます。

違うのは個々の返済能力です。任意整理の場合最長で5年間、借金を返済し続けなければなりません。

300万円の借金を5年で返済する場合、毎月5万円の返済をしなければなりませんが、債務者の方がご病気になってしまったり、
事故など起こしてしまい支払い能力がないと裁判所で判断されれば自己破産が認められます。

ただし、自己破産をした場合はご自宅にある個人の財産(自宅、車、20万円以上の家電など)は没収されます。

債務整理にかかる費用が用意できないのですが、借金を減らすことはできますか?

債務整理をする際に必ず必要となってくる費用ですが、これらの費用は一括での支払いが難しい場合、分割で支払いする事ができます。

弁護士と相談して月々の中で無理のない範囲で支払いが可能です。
もし、債務整理にかかる費用が用意できずに苦しんでいるのでしたら、電話やメールで相談されてみてください。

相談することで悩みが解決される場合もありますし、相談自体は無料ですることができます。

債務整理を行うとブラックリストに名前が乗りますか?その場合の注意点は?

事故情報として登録されます。

個人信用情報と呼ばれている「氏名・年齢・性別・生年月日・住所・職業・年収」
現在の債務、過去の返済履歴などの個人情報が掲載
されています。

債務整理を行うことでこの個人信用情報にも記載されるので、これが世間的にブラックリストに名前が載ると呼ばれている状態になります。

個人信用情報は金融機関で共有しており、クレジットカードの申し込みやローンの申請時に、
その人物が社会的に信用できる(支払い能力がある)人物を判断するためにの情報として利用されています。

そのため1度債務整理を行った場合、契約中(債務返済中)から契約終了(支払い完了)から5~10年の間、
過去に返済事故があったという事実は消えないため、新しくクレジットカードやローンを組むことはできません。

支払い完了から5~10年経てば、過去に債務整理した情報はなくなります。

債務整理したら、クレジットカードは今後使うことができなくなりますか?

今お手持ちのクレジットカードは問題なく使うことができますが、
クレジットカードの期限が近づき更新する時には、クレジットカードを更新できなくなることはあります。

これはクレジットカードの会社がカードの更新前に、個人信用情報を調べて更新できるかどうかの再審査を行うので、
債務整理での返済が終了して最低5年の期間はないとクレジットカードの更新をすることはできません。

クレジットカードを持つことはできませんが、銀行預金から直接引き落としのできる
デビットカードなら債務整理をされた後でも問題なく発行できます。

自己破産した場合、テレビやパソコンも没収されますか?

日常生活や仕事に必要なものは没収されません。

持ち家や車、高級家具、高級オーディオは没収されます。
車が仕事にどうしても必要で、没収しないでほしくても20万円以上の価値があれば没収されます。

ただし、車の値崩れは激しく乗用車であれば5年も乗れば20万円以下となり没収されないケースがあります。

任意整理はどのような手続きですか?

任意整理は債権者である消費者金融等の貸金業者と和解するという形をとり、元々借りた金額を返済していく手続きです。

200万円借り入れをしたのであれば、200万円を3~5年かけて返済します。

債務整理をする前に払いすぎた金利分などが見つかれば、
それらの払いすぎた金利額で元本に充当させ、減額した元本を完済できます。

個人再生はどのような手続きですか?

個人再生は債務者の住宅や資産を維持したまま元本を大幅に減額し、3~5年の期間で返済していく手続きです。

大幅に減額と書かれていた通り、最大で10分の1にまで元本を減額することが可能ですが、元本は100万円以下にはなりません。
個人再生は安定した収入があって、この先も定期的な収入がある人に限り受けられる手続きです。

借金を完済することで、そのほかの借金の返済義務が免除されます。

ただし、返済が滞ったりすると、減額できた借金が元通りになるので注意しなければなりません。

自己破産はどのような手続きですか?

自己破産は、個人の財産がなくて返済期間が来ても返済することができない状態、
支払い能力がないという事実を裁判所に認めてもらうことで、借金を0にするという手続きです。

支払い能力があると裁判所から判断されてしまった場合は、自己破産を受けることができません。

任意整理、個人再生との決定的な違いは、自身の持っているの20万円以上の財産は没収され、
現金に変えられて債権者の支払いにあてがわれることです。

過払い金が貰えるのはどういった状況ですか?

過払い金が発生しているケースとして考えられるのは、長期間にわたって借金を返済し続けている場合です。

カードローンやキャッシングなど、賃金業者に対して支払いすぎている利息を過払い金と言います。

ですが、消費者金融やクレジット会社などでは刑事罰は科せられず、民事上では無効となっているグレーゾーン金利を利用することによって、
利息制限法の上限が超えてしまっている利息を違法に取り続けていることがあります。

こういったことがあるため、長期間にわたって借金返済を続けている方は多くの過払い金が発生していることがあるのです。

もしも、過払い金が発生している場合は弁護士に任意整理の依頼をして、過払い金の返還請求を行うようにしましょう。
過払い金があれば、現在返済中の借金への金額に充てることもできます。

すでに借金の返済が終了しているとい方でも、完済から10年以内であれば過払い金の返還は請求することができます。

債務整理は失敗することもあるのでしょうか?

残念ながら、債務整理に失敗してしまう人は少なくありません。

その理由としては、早くに借金を返済したいという焦りで適当な法律事務所で債務整理を依頼してしまうことが原因となっています。

少数での経営をしている法律事務所などは、利益のある案件を先回しにすることもあるため、
債務整理での依頼は後回しにされた挙句、うやむやとなってしまうこともあります。

借金を減らしたくても家を手放すことはしたくないという債権者がほとんどですが、
個人民事再生の手続きは手間がかかるという理由のため、自己破産をすすめてくる場合もあります。

担当してくれている弁護士の手がまわらないために、他の弁護士に変更したいということになっても着手金は返ってこないうえに、
取り立てや督促もストップすることがないので、さらに借金に悩むことになります。

債務整理は専門家の知識が必要になってくるものですが、
自分もそれなりの知識をつけて、しっかりとした法律事務所を選ぶようにしましょう。

弁護士と司法書士のどちらに依頼したらいいですか?

法律上、弁護士も司法書士も債務整理は行えるので、債務整理の依頼はどちらにも可能です。

ですが、司法書士は140万円以上を超える案件になってしまうと対応ができなくなるので、
多額の借金を背負っている場合には弁護士に依頼して、債務整理を行ってもらいましょう。

このページの先頭へ