実際の体験談をご紹介

無料相談サービスで借金返済の道が開けた。(女性/50代)

女性/50代

私はもともとOLだったのですが、50歳を機に独立しようと思い立ちました。

その分野に関する専門知識と貯金もあったので、「絶対に成功できる」と思ったのです。
しかし、現実はそう甘くなく、数年で生活費が足りなくなる状態まで落ちぶれました…。

6枚のクレジットカードを自転車操業のような形で利用し、総額300万円もの借金をしてしまったのです。

さすがに300万ともなると返済できないと思い、債務整理の手続きを検討しました。
しかし、知り合いに法律関係者はおらず、どこから手を付けていいのか全く分かりません。

弁護士となりますと、相談するだけでもお金がかかるイメージがあり、一歩を踏み出す勇気が出なかったのです。

そんな状態においても、借金は容赦なく膨れ上がり、とうとう督促のメールや電話に参っていました…。
そんな時、ネットで偶然見つけたのが借金相談カフェの無料相談サービスです。

匿名で借金状況を入力すると、すぐに借金問題に強い弁護士事務所から連絡があり、
私にふさわしい債務整理の方法と借金減額の可能性について回答を頂きました。

その時の対応がとても丁寧で安心できたので、そちらの事務所に債務整理の手続きをお願いしました。

ここまでお金はかからず、すべて無料でしたので本当に助かりました。
なお、無料相談をしたからといって、その弁護士に必ず依頼する必要はなく、勧誘やプレッシャーも一切ありませんでした。

現在は督促の恐怖からも解放され、債務整理が着々と進んでいる状態です。

あの時、借金相談カフェに巡り合えて良かったです。

借金相談カフェ

借金相談カフェ
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 完全匿名で利用できて個人情報厳守なので、誰にもバレれない
  • 自分に最適な法律事務所や司法書士事務所を紹介してもらえる

その他の体験談

借金が300万を超えて、返済が困難になったときの解決方法

借金をする理由や内容は人によってそれぞれ違いますが、
借金の総額が300万を超えると多重債務の割合が大きいという統計結果があります。

また、借金の問題は周囲に相談しづらく、1人で悩みがちになりますが、
1人で悩んでいても解決にはならず、ますます問題を悪化させてしまう可能性があります。

そこで、こちらでは借金の返済が困難になった場合、どのような解決策があるのかを紹介していきます。

返済が困難になったら、まずは相談しよう

「借金の総額が300万円以上になり、生活が苦しくてなんとかしたい」
「貸金業者からの電話や取り立てで精神的に疲弊している」などの場合、まずは1人で悩まずに相談することが大切です。

相談する場所は役所・消費生活センター・法テラス・弁護士事務所・司法書士事務所など様々な機関があります。

また、弁護士事務所や司法書士事務所の中には無料相談ができるところもあります。

借金を相談するにはどうすればいいの?

役所や消費生活センターで借金の相談をする場合、専門の相談員が借金や返済状況について応対してくれます。

消費生活センターは全国各地にあり、無料で相談できますが、公的機関なため平日のみの相談で時間も限られます。
また、最終的に弁護士事務所や司法書士事務所などの紹介が相談のゴールとなります。

次に、法テラス(日本司法支援センター)で相談する場合ですが、法テラスは様々な法律的なトラブルや
問題を解決するための国の機関で、借金に関する相談も可能です。

相談内容も具体的な借金返済の方法や、返済のための法律的な制度(債務整理)など、多岐にわたって対応しているのが特徴です。

法テラスは電話での相談以外にも、実際に弁護士や司法書士と面談して相談することも可能です。

また、借金で経済的に困窮している場合は弁護士費用の建て替え制度もありますが、
この制度を利用するには毎月の世帯月収や保有資産など、いくつか条件があります。

弁護士や司法書士に相談する場合のメリットは、「貸金業者からの催促が止まる」
「借金を整理するための法律的な方法の提示」「過払い金有無の調査」
などです。

弁護士と司法書士の違いは、業務内容の幅の広さにあります。

どちらも借金の整理を依頼することが可能ですが、弁護士が法律業務全般の取り扱いができるのに対し、
司法書士は特定の範囲や分野のみしか取り扱うことができないため、業務に制限があります。

司法書士法が改正され、司法書士も借金の整理手続きができるようになりましたが、
債務整理で扱うことができる金額は140万円以下の案件に限られています。

また、弁護士か司法書士に借金整理を依頼した場合の費用は、司法書士のほうが一般的に低額で済む場合があります。

相談料が無料の弁護士事務所や司法書士事務所もありますので、まずは1人で悩まず相談することが大切です。
いずれの場合も借金の相談をした場合、債務整理の提案をされることになります。

債務整理とは?

債務整理とは、借金の減額や払い過ぎた利息の返還などを債権者と交渉する手続きのことです。

債務整理には、「個人再生」「任意整理」「自己破産」「過払い金請求」「特定調停」などが含まれます。

それぞれの特徴ですが、まず「個人再生」のメリットは家や車などの財産を残したまま借金の大幅な減額ができるので、
家族がいてマイホームがある場合などはとても利点があります。

しかし、手続きがとても複雑で条件が厳しいというデメリットがあります。

「任意整理」は今後借金の返済にかかる利息をカットし、
借金の元本のみを分割で支払う
約束を弁護士が債権者と結ぶ方法です。

将来的にかかる利息がカットされるため、毎月の返済額が減額されますが、借金が免除になるわけではありません。

「自己破産」は債務者の収入や借金の額を考慮し、裁判所が支払い不能と判断した場合、
借金はすべて免除になりますが、財産もほぼすべて処分されることになります。

「過払い金請求」は借り入れをした際、利息制限法の上限を超えて貸付をした業者に対し、
払い過ぎた利息の返還を求める請求行為のことです。

メリットは払い過ぎた利息が返還されることや、信用情報機関に載らないということがあります。

「特定調停」とは借金の返済が困難になった場合、簡易裁判所が債務者と債権者の仲裁に入り、返済条件の軽減を働きかけるものです。

返済条件の軽減は任意整理と同様で、利息制限法に基づき金利の引き直し計算をした上で、
本来将来的にかかる利息をカットし、減額された元本を分割で支払う形です。

特定調停と任意整理は似ていますが、任意整理は弁護士が債務者の代理で債権者と和解交渉するのに対し、
特定調停は裁判所が仲裁のもと、債務者と債権者で和解交渉をします。

匿名で借金の相談ができる

借金の返済が困難な場合、まずは専門家に相談することが問題解決における重要なステップです。

しかし、最初は借金を相談すること自体に抵抗を感じる場合もあると思います。そこでおすすめなのが、借金相談カフェです。

こちらは、債務整理の相談を受けつけている全国の法律事務所を比較し、紹介してくれるサイトになります。
診断シミュレーターを利用することで、自分に最適な法律事務所を見つけてくれます。

なお、借金に関する診断は匿名かつ無料で利用できます。

借金相談カフェを利用するメリットや利用方法

弁護士事務所や司法書士事務所などでも借金の無料相談は行っていますが、
その場合は名前や住所、借金の状況などの情報は伝えなければいけません。

しかし、借金相談カフェの場合は匿名で相談が可能ですから、最終的に借金返済の方法や、
債務整理を依頼する弁護士事務所が決まるまでは、家族や周囲に知られることが一切ないのです。

また、最終的に債務整理を依頼する場合においても、自分が住んでいる地域に近く、
債務整理を得意とする法律事務所を紹介してくれるので、手続きをスムーズに行うことができます。

利用方法においては、まずこちらのサイトへ行き、住んでいる地域や借入金額、何社から借り入れがあるかなどを入力します。

最後にメールアドレスと電話番号を入力すれば、あとは入力した情報を基に専門の法律家が紹介される仕組みです。
なお、電話で相談することに抵抗がある場合は、メールだけでやり取りをすることも可能です。

また、実際に債務整理をするかどうかは、相談する中で決めればいいので、
相談したから必ず債務整理をする必要はありません

債務整理を依頼しない限り相談料は無料なので、安心して利用できると思います。

借金の返済ができなくなった場合

借金の返済ができなくなった場合の確実が解決方法は、やはり弁護士に債務整理の手続きを依頼することです。

債務整理には個人再生や任意整理、自己破産など、それぞれ借金の状況によって受けるべき制度が異なりますが、
どれを選ぶかにおいても弁護士に相談してから決めるようにしましょう。

また、借金相談カフェは借金の状況を匿名かつ無料で診断してくれる、非常に便利なサービスです。

自分がもし債務整理をしたら、借金がどれくらい減るのか気になる方はぜひ利用してみてください。